日常の中の気づき

スッキリが一番 ~余分なものをなくす~

日本には四季があり、そのバランスによって成り立っています。

晴れてばかりいては水不足になりますし、雨ばかり降っていては作物が育ちません。

そういう意味では、梅雨というのも自然の中では必要なことなのでしょう。

でも、梅雨の季節はなんか気持ちまでどんよりとしてしまいます。

それに比べて、雲ひとつない青空が広がると、太陽に照らさせれた新緑の木々、そして青い空を見るだけで晴れやかな気持ちになります。

やはり、スッキリした天気は気持ち良いですよね。

これは、お腹の調子でも同じことが言えます。

お腹に便が溜まったままだと、気になってしまい、力も出せず、仕事にも身が入りません。

やはり、お腹の便をスッキリ出すことで、仕事に集中することが出来ます。

また、部屋も同じですよね。

物がいっぱいあって、ごちゃごちゃした部屋より、整理整頓されたスッキリした部屋の方が、居心地が良いですし、頭もスッキリし、良いアイデアが生まれたりします。

スッキリとは余分なものがなくなって、さっぱりしている様子の事

このように、余分なものがなくなり、スッキリした状態は心身ともに良い影響を与えます。

健康で言えば、体に不必要なものや必要なものでも必要以上に摂取するため、余分なものが多くなり(例えば脂肪)、肥満につながったり、病気になったりします。

やはり何事も、余分なものをなくし、スッキリさせることが大切です。

皆さんはどうですか。余分なものを抱えていませんか。

もし不必要な余分なものがあるなら、是非スッキリさせてみて下さい。

とても晴れやかな気持ちになること間違いないと思いますよ。