日常の中の気づき

自分の趣味を楽しんでいる人が採用条件だったら、即採用(笑)

ネットを見ると、よくスターシードの人は仕事で苦労するという内容の記事を目にします。

そういう私も、スターシード(ブルーレイ)の自覚があり、何度か転職しています。

50歳になろうとしている現在、1年前に勤めていた会社を辞め、求職中の身です。

田舎なので、仕事の内容も限られおり、なかなか自分に合う様な仕事に出会えません。

本当は都会に出て自由に暮らしたいのですが、リウマチを患った高齢の母親を1人置いて出て行く訳にはいきません。

なので、どうしても限られた中から仕事を探さなければなりません。

資格・経験が求められる社会

前の会社を辞め1年経とうとしていますが、その間、実家の処分や引っ越しをして、実際に会社の求人に応募したのは2社で、どちらも不採用でした。

やはり、50歳という年齢と同時に、これまでの経歴、資格が必要なのかも知れません。

それは他の求人の内容を見ても同じ事が言えます。

私の住んでいる周辺では、正社員で給料12~13万という会社もあり、20万を超える会社はほとんどありません。

その20万を超える会社はというと、ノルマのきつい所か、特別な経験、資格を持っている人が対象となっています。

なので私の様な、特別な経験もなく、何の資格も持っていない50歳の人間にとっては厳しい求職状況なのです。

資格・経験より楽しんでいる人を採用基準にしてはダメですか(笑)

ただこれは、田舎だろうと都会だろうと、変わりはありません。

やはり会社は、慈善団体ではなく、売上を確保する組織です。

当然、何の取り柄もないおじさんを雇うより、即戦力になる人材を求める事は今の社会では当たり前の事です。

しかし、これが「自分の好きな事をして活き活きしている人」を会社の採用基準である社会であったなら、私は即採用です(笑)。

経験・資格より、自分の趣味を楽しんでる人が優先される社会、会社だったらの話です。

その位、自分の楽しい事、好きな事をしているんですけどね。

まあ、こんな感じだから、不採用なんですね(笑)。

今回は私の愚痴ブログでした。

↑ この内容を書いた後に、ある会社に採用されることが決まりました。しかし、今回書いた「自分の好きな事をして活き活きしている人」を会社の採用基準である社会であってほしいという考え方は変わってませんし、そんな社会になってほしいと願っています(笑)。