日常の中の気づき

楽しむこともボーダーレスの時代

現在、世界のあらゆる場所でボーダーレス化が進んでいます。

ボーダーレスとは境界や国境が無いことを指します。

例えばEU(欧州連合)です。ヨーロッパの国々が国の垣根を越えて一つの市場を目指しています。

またこれまで男性の職場に女性が進出したり、逆に女性の職場に男性が進出するのも、ボーダーレスです。

2012年12月の地球のアセンション(次元上昇)を境に、これまでの慣習が取り除かれ、今後この様な境の無いボーダーレスが進んでいくのではないかと思います。

楽しそうにブランコをするおじいさん

これは最近、私が近くの公園に散歩に行った時の出来事です。

その公園は山の上にある為、普段からあまり人がいません。

その時も公園にいたのは私1人だけでした。

そこへ、60歳~70歳位の男性2人と女性1人がその公園へやってきました。

すると、男性の1人がブランコを見つけ、はしゃぎながら駆けより、ブランコを始めました。

その姿を見て私は少し驚きました。

これまであんなに、はしゃいでブランコをするおじいさんを見た事が無かったからです。

子供や学生なら何とも思わなかったのでしょう。

しかしよく考えると別に驚く事ではないのです。

別におじいさんがブランコをやってはいけないという決まりもありませんし、何よりおじいさんが楽しそうにブランコをしている事の方が大切でした。

楽しむのに年齢は関係ない

おじいさんがブランコをして驚いたのは、私がおじいさんはブランコではしゃがないと勝ってに決めつけていたからです。

もともとブランコは年齢に関係なく誰が楽しんでも良い物です。

それを私が勝手に、若い人が楽しむ物だと決めつけていただけなのです。

歳を取ってからでも大学に入れますし、歳を取ってからでもスポーツを始める事が出来ます。

自分の好きな事、やりたい事は年齢に関係ないのです。

これこそが自分の好きな事をする5次元の世界です。

そんな事を楽しそうにブランコするおじいさんに教えられた気がします。

楽しこともボーダーレスの時代

この様に楽しむことに境界はありません。

男性だから、女性だから、歳を取っているから、年齢が若すぎるからなどと言って楽しむことを諦めてはいけないのです。

自分の好きな事を楽しむこともボーダーレスの時代なのです。

地球のアセンション以降、時代はより自由な世界へ変わりつつあります。

そのより自由な世界をめいいっぱい楽しむことが、これからは重要なのかも知れません。

今回の出来事を通じて、私もブランコをめいいっぱい楽しめるおじいさんになりたい、そんな風に感じました。