ブログ

ブログを始めると国語力が上がる

ブログを始めると、いろいろな事に気付かされます。

その一つが「言葉」です。

普段、何げなしに使っている言葉を、いざ文章にしようとすると、この使い方で正しかったのかどうか迷う時があります。

フライパンに油を「引く」それとも「敷く」

例えば、フライパンに油を「引く」「敷く」どちらだと思いますか。

私は今まで、気にしたことがありませんでした。しかし、ブログで見てもらうには、間違いがあってはいけません。

そこで、調べてみると「引く」が正しかったです。

敷く」には「一面に平らに広げる・並べる」という意味があるため、布団の場合は、こちらが正解です。

一方「引く」は「引っ張る」の他に「引き延ばして、一面に塗る」という意味があるため、フライパンに油の場合は、こちらが正解とのことでした。

りんごを「計り売り」それとも「量り売り」

それでは次に、りんごを「計り売り」と「量り売り」の場合は、どちらだと思いますか。

スーパーや朝市で、分量をはかって売っているので、「量り売り」なのかと思いましたが、やはり間違ってはいけないと思い、こちらも調べてみました。

計り売り・量り売り」は「客の求めるだけの分量をはかって売ること」とあります。

「計り売り」と「量り売り」が一括りにされていました。ということで、どちらも正解ということになります。

「少しずつ」それとも「少しづつ」

これはどちらだと思いますか。

私は正直わかりませんでした。分からないので、当然調べてみます。

これは、昭和21年現代仮名遣いで「ずつ」と書くよう定められたため、「ずつ」が正解のようです。

しかし昭和61年の現代仮名遣い改訂で「づつ」を用いても良いとされました。

このことによって、「ずつ」を本則とするが「づつ」を使用しても、間違いではないことになりました。

ということで、どちらも間違いではないが、なるべく「ずつ」を使いましょうというのが正解となります。

ブログ・日記は国語力を高める

このように調べてみると、どちらも正解であったり、また正解であっても、あまり使用しない方が良いとか、言葉によって様々です。

これまで、特に気にすることはありませんでしたが、ブログを始めたことによって、気付くことが出来ました。

私は、今まで、日記をつける習慣がありませんでした。もしかすると、普段、日記をつけている人は、既にこのようなことに気付いているのかも知れません。

そういう意味で、「ブログを書くこと・日記をつけること」は自らの「国語力」を高めることに繋がっていくのですね。