スピリチュアル

アセンションの分岐点は輪廻転生とUFOの存在を認めること

スピリチュアルに詳しい方ならアセンションという言葉をもうご存知だと思います。

捉え方は人それぞれだと思いますが、基本的に地球の次元上昇のことを言います。

2012年12月に地球がアセンション(次元上昇)して5次元の世界に入りました。

それに伴い、私達人間も地球の波動に合わせなくてはいけなくなりました。

詳しくは 「世界一簡単なアセンションの解説」

ただしアセンションする・しないは本人の意思が尊重されます。

これは宇宙には「全ては自由意志によるものでなければならない」というルールがあるからです。

なので次回のアセンションまで3次元の世界に留まる選択をする事も可能です。

3次元に留まり、修行を続ける事も立派な決断です。

でもやはり本音は、多くの人にアセンションしてもらい新しい高次の地球を創り出したいと思っています。

UFO・地球外生命体の存在を認めることが第一歩

アセンションするには情報が必要です。

なかには情報に頼らずアセンションを選択し実行している人もいるかも知れませんが、大抵の人はネットやセミナー等で情報を得ることから始まります。

私も勉強の為、市内で開催されたこの手のセミナーに参加しました。

そのセミナーはアセンションという言葉は用いませんでしたが、内容はアセンションの内容と同じでUFOミステリーサークルについても取り上げました。

最後に質疑応答があるのですが、そこである参加者から地球外生命体の存在は受け入れられないとの発言がありました。

この時やはり、アセンションの実行には、この様なUFOや地球外生命体の存在を認める事が出来ないと難しいのではないかと感じました。

もちろん5次元的発想で愛に溢れた生活を送っている人には、このような事は関係なくアセンション出来るでしょう。

でも多くの人は何らかの情報から入るのが一般的なのではないかと思います。

その為、この様な地球外生命体やUFOの存在を認めなければ、それ以上話が進みません。

実際、全宇宙やスターシードの皆さんの助けもあり地球のアセンションは実行されています。

だから宇宙は地球だけではなく、多くの惑星から成り立ち、そこに生命体も存在している事を認める事がまずは大事なのです。

輪廻転生を認めることも大事

またもう一つ 目に見えないものでその存在を認めないとアセンションするのが難しいものがあります。

それが輪廻転生という考え方です。

亡くなった魂がこの世に何度も生まれ変わる事です。

現在地球に暮らしているのは、各々の魂が身体という物質を借りて生きているだけのことです。

その為、現世亡くなれば終わりと言う事ではなく、魂として次に繋がっている事を知っておく必要があります。

あくまで主体は魂であり、その魂が3次元や5次元をいったり来たりしているのです。

だからこの様な魂が主体であるという考え方もアセンションするには必要です。

アセンションの分岐点

このように地球外生命体・UFOの存在と輪廻転生を認めないとアセンションの話をしても受け入れる事が難しいのではないかと思います。

逆に言うと、これらの存在を認めることが出来る人はアセンションもしやすいとも言えるでしょう。

その為、いかに地球外生命体の存在、輪廻転生を受け入れてもらえるかがアセンションの重要なポイントとなります。

ただこれらは目に見えない為、信じない人にこれらを認めてもらうのは容易ではありません。

なので、この点がアセンションする・しないの分岐点になるのかも知れません。

アセンションのため UFOがその存在を示す

目に見えない事を受け入れてもらうのは本当に難しい事です。

魂の年齢が若く、まだ受け入れる時期ではないのかも知れません。

だからあえてアセンションしないことを選んで更なる修行をする決断をしたのかも知れません。

あくまで自由意志を尊重する事が大事ですからね。

でも本音はなるべく多くの人とアセンションしたいという気持ちでいっぱいです。

よくUFOが現れるのはその存在を知ってもらう為と言う人がいます。

地球外生命体がこれから起きるアセンションに向けて、徐々にその存在を見せつけ、地球人を驚かせない為だとしています。

真実は分かりませんが、確かに目に見えればその存在を認めざる得ないですよね。

そうすれば今まで地球外生命体やUFOの存在を認めなかった人も認めざる得ません。

そういう意味では、UFOに多く現れてその存在を示して欲しい、そんな風に思っています。