スピリチュアル

アセンション後 5次元の仕事「わくわく」の基準とは

2012年12月に、地球の次元が上昇しました。

それに伴い、私達、地球に住む者も、一緒に波動を上げていかなくては、地球の波長と合わなくなり、地球で生きづらくなります。

詳しくは 「アセンション 目指すは5次元の世界」

波動を上げるには、本当の自分になることです。

その為には、自分の「心」に、「自分の本当に好きなものは何なのか・やりたいことは何なのか」と問いかける必要があります。

アセンション後の5次元の世界では、自分が本当に「わくわく」することをやることが、とても重要になってきます。

「わくわく」するとは

それでは、「わくわく」するとは、どういうことでしょう。

私は以前、競馬や競輪などのギャンブルをやってました。馬券が当たった時は「わくわく」しましたが、外れたときは、当然、面白くありませんでした。

これは、「お金」に「わくわく」しているだけで、本当の「わくわく」ではありませんよね。

もちろん、馬券が外れても、競馬を観ることが好きな人もいると思いますが、多くの人は「お金」にわくわくするのです。

また、私はサッカーJリーグのベガルタ仙台を応援しています。

ベガルタが試合で勝つと、「わくわく」しますが、負けると、やはり競馬と同じで、面白くありません。

競馬と同じように、負けても、サッカーの試合を観るのが大好きだという人もいるかと思いますが、大抵の人はひいきのチームが負けると、面白くないと思います。

これは応援しているチームを自分に置き換えて、チームが勝ったことが、あたかも自分が、勝ったと感じ、興奮しているのであって、「わくわく」することとは違います。

5次元では「わくわく」状態が続くことが条件ですので、勝負に勝った負けたというのは、一時的な興奮であって、5次元の世界ではありません。

5次元の「わくわく」の基準

それでは5次元の「わくわく」の基準は、どういうものなのでしょう。

① 自分が楽しい

まず初めに、自分が楽しくなくてはいけません。5次元は自分優先の世界です。嫌々やることは必要ありません。

② お金にならなくてもやりたい

お金にならないから、やらないという発想は、物質主体「お金」優先の3次元の世界の考え方です。

とにかく、自分の好きなことをやってみるということが、5次元の発想です。

5次元では、好きなことをやった結果、「お金」として戻ってくるだけのことなのです。

なので、「お金」から入るのではなく、「好きなこと」から入り、結果として「お金」がついてくるというのが、5次元の世界です。

③ 勝ち負け関係ない

勝ったから楽しい、負けたから悲しいは、3次元の世界です。

5次元は、常に楽しい状態が続きます。だから、5次元には勝ち負けはないのです。

④ みんなのために 役立つ

5次元は「精神」主体で「愛」優先の世界です。

なので、自分のやりたいことをやって、みんなに迷惑をかけてはいけません。

自分の好きなことをやって、みんなにも役立つのです。

自分の好きなことをやって、みんなにも喜んでもらえるなら、こんなにうれしいことはありませんよね。

役立つといっても、何か大きな発明したりする必要はありません。

大好きな歌を歌うことで、周りの人を楽しませる。畑で有機野菜を育て、みんなに食べてもらう。どちらも、みんなに役立ってますよね。

また、みんなのためになるからといって、嫌々やっては意味がありません。5次元では、あくまで自分が「わくわく」した結果、みんなにも役立つのです。

5次元の「わくわく」の基準

① 自分が楽しい

② お金にならなくてもやりたい

③ 勝ち負けがない

④ みんなに役立つ

自分に問いかけてみよう

5次元の「わくわく」の基準はどうでしたか。

「自分のやりたいこと・好きなことが分からない」人は、一度、自分の「心」に問いかけてみるといいでしょう。

もし、「お金にならなくてもいい」「負けても楽しい」と思うなら、それが、自分の本当にやりたい事だと思います。

決して、お金が必要ないとは言いません。ただ、判断する時に、もしお金にならなくても、楽しくできるのであれば、それはきっと自分の本当にやりたいことなんだと思います。

自分のやりたいことをやると、結果的にお金が入ってきます。

成功した人をみると、大抵、自分の好きなことをしています。一部、お金優先の方もいるとは思いますが、そういう方は長続きしません。

やはり本物の成功者は、本当にやりたいことをやって、みんなに役立っているから、長続きし、結果的にお金が入ってくるんだと思います。

今までの3次元の考え方では、次元の上昇した今の地球についていくことは出来ません。

固定観念に囚われることなく、自由な発想こそ、5次元の世界には必要です。

最後に

今回は、アセンション後、5次元の世界についてまとめてみました。アセンション(次元上昇)中は、考え方、食事、仕事など様々な変化が起きるかと思います。

そうした時に、よければ、今回の基準を参考にしてみて下さい。