スピリチュアル

他人の人生を羨んでも意味がない ~誰もが通る道だから~

魂の年齢とは

みなさん、「魂の年齢」という言葉を聞いた事はありますか。

これは、生まれ変わった(輪廻転生)回数によって、魂にも年齢(レベル)があるという事です。

当然、生まれ変わり回数が多いという事は、経験値も増えますので、魂の年齢も上がります。

そんな魂の年齢ですが、大きく5つのレベルに分ける事が出来ます。

① 乳児期(原始的)

② 幼児期(依存的)

③ 青年期(富、名声、権力を得ようとする。現代の成功者)

④ 成熟期(内部に成熟を求める。人生の困難に立ち向かう)

⑤ 老年期(自由主義、楽観的。人に教える知恵を持つ)

その為、子供の方が、親よりも魂の年齢が上という事もあります。

その場合は、人生について、親が子供に教わる事になります。

誰もが経験する順調な人生

世の中、周りを見渡すと、仕事が順調だったり、お金に不自由していなかったり、幸せそうな家族だったりと、つい羨ましく思う時があるかと思います。

そして、そんな場面では、なぜ自分だけがこんな辛い人生なんだろうと考えてしまいます。

そんな順調な人生を送っている人、特に会社の経営に成功している人やテレビで活躍している人は、魂の年齢でいうと、大抵、青年期の人です。

反面、何かと人生に困難が多い人は、魂の年齢でいうと、大抵、成熟期の人です。

この様な成熟期の人は、既に過去世で、富や名声を得るような社会で活躍する人生を送りました。

そんな人生を送ったからこそ、今こうして、成功より内部に成熟を求めているのです。

なので、他人の順調な人生を羨んでも仕方がない事なのです。

言い換えれば、現世、順調な人生を送っている人は、あと数回も生まれ変われば、成熟期に入り、困難な人生を歩む事になります。

そして、同じ様に、現世、魂の年齢が幼児期で依存的な人も、あと数回も生まれ変われば、青年期に入り、富や名声を得るような人生を歩む事になります。

そういう意味では、どの魂も平等という事になります。

魂が生まれ変わる意味は、魂が自身を磨き、成長する事です。

その為には、楽な人生だったり、辛い人生だったり、様々な人生を味わう必要があります。

なので、他人の人生を羨ましく思っても意味がないのです。

なぜなら、先程、説明した通り、他人の羨む人生は、既に経験したか、もしくはこれから経験するであろう人生だからです。

自分のレベルに合った困難

この様に、私達は、それぞれの魂の年齢に合った人生を送ります。

そして、それは魂の年齢が上がるにつれ、困難な人生になります。

しかし、その困難な人生を突破する事で、さらなる高次の世界へ向かう事が出来ます。

これは、学校の試験と一緒ですよね。

高校1年生は、高校1年の問題を解いて、2年生に上がります。そして2年生の問題を解いたら今度は3年生に進級します。

高校3年生が既に合格した1年生の問題を解いても、簡単に解けてしまい、学力向上にはつながりません。

やはり、その学年のレベルに合った問題が必要なのです。

人生の問題(困難)も、それ以上でもない、それ以下でもない、その魂のレベルに合った内容になっています。

だから、冷静に考え対処すれば、必ず解ける問題なのです。

その為には、他人の人生を気にすることなく、まずは自分自身の問題に集中して取り組む事が重要なのです。

自分の人生を味わい、自分ストーリーを完成させよう

みなさんはどうですか。

私は、他人の人生を見て、つい羨ましく思う時があります。

しかし、そういう時は「そんな羨む人生は既に経験したんだから」と自分に言い聞かせるようにしています。

他人の人生を羨んでも、何の問題も解決しませんし、何も変わりませんからね。

だから、そういう時は、自分に与えられた人生を味わい、自分ストーリーを完成させることに集中します。

もし、みなさんの中に、私の様に、他人の人生を羨む人がいたら、私と同じ様に「そんな羨む人生は既に経験したんだから」と自分に言い聞かせて、まずは目の前の自分の課題に取り組んでみて下さい。

すると、きっと、新しい自分の道が開けるのではないかと思いますよ。