スピリチュアル

スターシードブルーレイ 2019年以降の生き方

今回はスターシードブルーレイの今後について考えたいと思います。

スターシードブルーレイについては 「スターシード・ブルーレイとして生きる」

これまでの慣習に捉われない生き方を次世代に示す

スターシードブルーレイのみなさんは地球の波動が低かった時代からやって来た為、地球の生活に馴染めず苦労した方も多いのでないかと思います。

それまで住んでいた高次の惑星で、普通にしていた事が地球では出来ず、戸惑ったことでしょう。

しかし地球の波動が上がった現在、これまで出来なかった事が、徐々にではありますが、普通に出来るようになりました。

シンプルな生活やシンプルな食事、自分のハートを優先させる事など、これまでの複雑な地球では少数派であった事が、これからは時代の先頭を行く事になります。

スターシードブルーレイは先駆者なのです。

イノベーター理論で言うとスターシードブルーレイは時代背景から見て「アーリーアダプター」に分類されます。

詳しくはメタフィジクス通信さんのサイトからのリンク

「2017年アセンション予報 3つのウェーブの違いから見るアセンションの現状」

なのでスターシードブルーレイはこれから続くアーリーマジョリティに見本を示す事が大切なのです。

それは一人一人に何かを教えるという事ではなく、スターシードブルーレイがそれぞれの信念に基づいた生き方をするという事です。

それまでの慣習に捉われない生き方をする事で、波動の上がった地球に戸惑っているアーリーマジョリティの人々に新たな生き方を示す事が出来ます。

なので、スターシードブルーレイはこれまで通り、慣習に捉われない生き方を続けることで、次に続くアーリーマジョリティに新しい生き方を促していく事が重要となります。

アセンション完了まで見届ける

スターシードブルーレイの方は50歳代の方がほとんどです。

地球のアセンションを助ける為に、自ら志願し高次の惑星から来ました。

そのアセンションも佳境を迎えつつあるものの、完全に完了するには少なくてもあと10年〜20年はかかると思います。

スターシードブルーレイは地球に来た目的がアセンションの手助けなので、アセンションがきちんと完了するか見届ける必要があります。

なので故郷の惑星に戻るのは、アセンション完了後になることでしょう。

それまでは地球に居続ける必要があります。

そしてその間、地球の波動が上がったとはいえ苦しい場面もあるかと思います。

そういう時は自然と宇宙からの助けが入るでしょう。

地球のアセンションは全宇宙の決めた事です。そのアセンションの手助けに来たブルーレイのことを全宇宙は放っておく事はありません。

苦しい場面でも、奇跡という何らかの形で助けてくれます。

だから、ブルーレイは地球のアセンション完了まで、自分の生き方を示していく必要があるのです。

まとめ

ブルーレイは地球の波動が低い困難な時期にやって来て苦労した時期が続きました。地球の波動も上がり、それも徐々にではありますが解消しつつあります。

しかしアセンション完了までは苦しい場面が完全に無くなるわけではありませんが、全宇宙の助けを借りながら慣習に捉われない自分の生き方を次に続くアーリーマジョリティに示していく事がスターシードブルーレイのこれからの生き方です。

生まれ故郷の惑星に帰るのは、地球のアセンションが完了した後になりますので、それまで、自分のハートに基づいた生き方を続けていく、これがスターシードブルーレイにとって大切な事だと思います。