スピリチュアル

身の回りにいる嫌な人は放っておくの良い理由

みなさんの周りを見渡すと、どうしても自分と合わない嫌な人が一人位はいると思います。

普段、会う機会がない場合は良いと思いますが、会社だとそうはいきません。

そんな自分とは合わない人の対処法を今回は取り上げてみます。

波動が引き寄せあっている

まずは波動の話から始めます。

人間はみんな、それぞれ波動を持っています。

高い波動の人もいれば、低い波動の人もいます。

高い波動は振動数が多く、周波数が細かいです。逆に低い波動は振動数が少なく周波数が大きくなっています。

そしてこの波動は同じ周波数はお互い引き寄せあう特徴を持っています。

例えば、ラジオは周波数が合った時に電波を受信して聴くことが出来ます。

また人間同士も波長が合う・合わないなんて言いますよね。波長が合う人と一緒にいれば心地良いですし、波長と合わない人と一緒にいると息が苦しくなります。

他に、類は友を呼ぶという言葉もあります。このように同じ波動を持った人間はお互いに引き寄せあうのです。

2極化へ向かう地球

次に地球の波動について見てみます。

現在の地球は2012年12月を境に3次元から5次元にシフトしました。

いわゆるアセンション(次元上昇)です。

詳しくは「世界一簡単なアセンションの解説」

この地球のアセンションに伴い 私達地球人も5次元にシフトしなければ、周波数が合わなくなるため生き辛くなってしまいます。

ただ、人間のアセンションは本人の意思が尊重されるため、3次元に留まっても構いませんし、5次元を選択しても構いません。

3次元を選んだからといって終わりという訳ではなく、また次の機会に選択すれば良いだけのことです。

今までの世界は、3次元の地球の中に多数の3次元の人間と少数の5次元の人間が混在していました。

しかしこれからの世界は、5次元の地球の中に、多数の5次元の人間と少数の3次元の人間が存在することになります。

混在することに変わりはないのですが、今までのように5次元の人間と3次元の人間が混じり合うことは無くなります。

これは波動が、川の流れのように高い方から低い方へ流れる特徴を持っているからです。

なので高い波動が低い波動に近づく事が出来ても、その逆は出来ません。

これまで地球自体が3次元だったため、お互い交差できても、地球自体が5次元にシフトしたため3次元から5次元に自由に近づく事は出来なくなってしまいました。

現在、地球は3次元と5次元の2極化に向かっており、年々その差は広がり、数年後には完全に交わることが出来なくなってしまいます。

決して別々の場所に住むという訳ではなく、同じ場所に住んでいてもお互いの存在に気付かなくなります。

近くに住んでいても理由は分からないが、なぜかすれ違いが多く会わなくなる。

こんな感じで数年後には、波動が違くなると自然と交わらなくなります。

波動が違うなら放っておくことが一番良い

このように、波動が違えば数年後には自然に交わらなくなります。

なので、今回のテーマに戻ると、身の回りにいる嫌な人の対処法は放っておくのが一番良いことが分かります。

自分と合わない相手に腹を立てて立ち向かうことは、波動が相手と同じであると考えて良いと思います。

なぜなら、同じ波動は引き寄せあうからです。

だから、自分と合わなく関わりたくないと思うなら、同調しない・放っておくという事が大切になってきます。

もし本当に波動が違うなら、数年先に自然とその相手とは交わらなくなりますからね。

どうしても会社で話さなくてはいけない時は、仕事上の事だけに留めておき、それ以外の事は放っておくのが一番良いと思います。

まとめ

身の回りにいる嫌な人の対処法は放っておくのが一番良い

みなさんいかがでしたか。

もちろん悪い事をしている人を見ても放っておくという事ではありません。

あくまで自分の身の周りにいる嫌な人の対処法ですからね。

自分が正しい道を歩んでいれば、いずれ自然とそのような人はいなくなりますので、今は自分の波動を上げることに専念してみてはいかがでしょうか。