旅行・フード

ヴィーガンにおすすめの旅行先

ヴィーガン生活を送っていると、とても困った事が多いです。やはり、一番は外での食事の事だと思います。

日帰り旅行位なら、何とかなりますが、1泊以上の旅行になると、旅先での食事の事が気になります。少しずつではありますが、ベジタリアンやヴィーガン対応の店や宿も増えてはいますが、やはり、圧倒的に数が少ない状況です。

せっかくの旅行なので、その期間中は、何でも食べて、旅行自体を楽しむという選択もあります。けど、ベジタリアンにもこだわりたいし、旅行にも行きたいという方にお勧めの旅行先があります。

おすすめの旅行先はずばり「台湾」です

そう、日本人にも人気の台湾です。なぜ、台湾がおすすめなのかといえば、「素食(そしょく)」という菜食料理があるからです。

日本で言う「精進料理」と思って頂ければ良いかと思います。日本で精進料理を食べようとすると、京都や鎌倉などの観光地に行かなければ食べられなかったり、予約が必要だったり、もしくは値段が高かったりと、何かと敷居が高くなってしまいます。

でも台湾は全くの逆です。街中いたるところにあり、予約も必要なく、おまけに値段も安い。特別な事ではなく、普通の事なのです。なぜ、そんなに「素食」の店が多いのかというと、台湾のベジタリアン人口が多いからなのです。

台湾の人口の約10%~14%がベジタリアンと言われており、アジアでは、インドの次に多く、世界の中でも、トップクラスのベジタリアン大国なのです。だから、ヴィーガンにとって、台湾は食事のことを心配しなくて良いのです。

おすすめ理由① 「素食」がある

一番の理由はこれに尽きると思います。立派なレストランもありますが、大抵は小さな食堂です。メニューをみて頼む店もありますし、バイキング形式で量り売りタイプの店もあります。好きな量だけ、お皿に取って、レジで会計するだけです。

店内の料理がすべてベジタリアン料理なので、肉が入っていないかなんて気にする必要がありません。中国語が出来なくても何の問題もありません。ちょっぴり汚い個人経営のお店は苦手という人には「明徳素食園」というチェーン店もあるので安心です。

また屋台に行けば、絶品な「臭豆腐」を食べることができます。このように様々なタイプの素食店があるので、ヴィーガンが台湾で食事に困ることは、ほとんどありません。

おすすめ理由② 果物がコンビニで買える

南国「台湾」は果物の宝庫です。当然、街中の市場でも買えますが、旅行者には少し不向きです。そういう時は、コンビニがおすすめです。

「セブンイレブン」「ファミリーマート」といった日本でもお馴染みのコンビニで、サラダのパック売場の所に一緒に果物パックが売られています。

パイナップルりんごに加えて、日本ではなかなか食べることとないグアバという果物もよく売られています。りんごを少し硬くした感じで、味はあっさりしているので、塩をつけて食べます。

果物パックは空港でも売っているので、飛行機の出発まで、コーヒーの代わりに、果物を食べたり、飲んだりして過ごすのも良いかもしれません。

おすすめ理由③ 朝食は「豆漿(とうじゃん)」を食べる

台湾の朝食は「豆漿」を食べる習慣があります。豆漿とは豆乳のことです。揚げパンと一緒に食べたり、塩味の豆乳に揚げパンやネギが入った鹹豆漿(しえんとうじゃん)を食べたりします。

阜杭豆漿(フーハンとうじゃん)」という大人気店あり、行列が凄いですが、回転も速いので、30分も待てば食べる事が出来ます。並んで食べる、これも旅行の楽しみのひとつですね。

おすすめ理由④ 近くて安い

ここから先は、ヴィーガンでなくても、おすすめ理由です。私の住む岩手でさえ、LCC(格安航空会社)が台湾便を運航しており、安い時期は花巻=台北が往復で約2万円で行くことができ、新幹線(岩手=東京)約3万円よりも安く行くことができます。

飛行時間は約片道4時間ですので、気軽に安く楽しむことができます。

おすすめ理由⑤ 台湾の人が、やさしく、日本語も通じる

台湾の人は、みんな優しいです。私の片言の中国語や英語を一生懸命理解しようとしてくれます。

また、全員ではありませんが、街中のコンビニの店員さんは、片言の日本語で接してくれますので、中国語が分からなくても、大抵の事は、問題なく過ごせます。

海外なので、絶対ということはありませんが、他の地域に比べて、治安も良いと思います。

おすすめ理由⑥ 見どころがいっぱいある

世界三大博物館といわれる「故宮博物院」や101階の高層ビル「台北101」など見どころが多いです。美術品に興味のない私が行っても楽しめました。

2時間位の滞在予定で訪れましたが、内容が素晴らしすぎて、結局丸一日、博物院で過ごしました。自然豊かな公園や寺院も多く、個人の趣味に合わせて楽しむ事が出来ます。

まとめ

ヴィーガン・ベジタリアンにおすすめの旅行先は「台湾」です。旅行での一番の問題である食事の問題が、「素食(そしょく)」という文化があるおかげで、食事に困ることは、ほとんどありません。

それに加わえて、近くて安い、台湾の人が優しく、日本語もある程度通じる。見どころも多く、何回でも行きたくなってしまいます。

是非、機会があれば、安全に気を付けて、台湾に行ってみてはいかがでしょうか。