ヴィーガン・フルータリアン

食べたい物がない時は食生活見直しのサインかも

みなさんはお腹は空いているんだけど、食べたい物がないという時はありませんか。

私は以前ありました。

夕飯のおかずを買いにスーパーの惣菜コーナーに行きましたがどの商品を見ても食べたいという気持ちが起こりませんでした。

大好物である唐揚げやとんかつを見てもです。

しかしその事がきっかけで食生活の改善を図り、現在のヴィーガン生活に至っています。

詳しくは 「私がヴィーガン(完全菜食主義)になった理由」

このような食生活の改善がアセンションにつながることもあります。

詳しくは 「世界一簡単なアセンションの解説」

アセンションするには自らの波動を高める必要があります。

波動を高める方法は様々ありますが食生活を改善することもその内の1つです。

波動の低い動物性食品を減らすことで自らの波動を軽く出来ます。

なので、理由もなく食べたい物がなくなった時は、アセンションのサインかも知れません。

もちろん体調が悪いのであれば病院に行くのが良いでしょう。

しかし同時に、今までの食生活を見直すチャンスでもあります。

今まで食べていたものが、本当に体に良いものなのか、食べ過ぎていないのかと考える時期が来たのかも知れません。

それがアセンションとは関係なかったとしても、これまでの食生活を見直せというサインには変りません。

なので食欲はあるけど、食べたい物がないという時は自分のこれまでの食生活について真剣に考えてみて下さい

私の様に食生活の改善がその後の大きな変化につながることもありますからね。