ヴィーガン・フルータリアン

甘いりんご「王林」を紹介します

りんごにも「ふじ」「つがる」など様々な品種があります。その中で、ヴィーガンである私が、普段一番食べているりんご「王林」を紹介します。

王林の特徴① 「甘み」と「香り」

王林」はとにかく「甘い」の一言です。

王林に酸味を求めてはいけません。酸味はほとんどありません。甘いりんごを食べたい人におすすめです。

また「香り」も強いです。王林に鼻を近づけてみて下さい。「あま~い香り」が広がってきます。

王林の特徴② 食感はしゃりしゃり

王林」の食感は「しゃりしゃり」した感じです。

「みずみずしさ」はあまり感じられませんので、好みが分かれるところです。

王林の特徴③ 「黄緑色」で「果点」がある

りんごと言えば「赤」ですが、この「王林」は「黄緑色」です。皮の表面に「果点」と呼ばれる点々があります。

他のりんごに比べて、表面がざらざらしていますが、皮ごと食べて大丈夫です。「栄養」も含まれていますし、「甘さ」もダイレクトに伝わってきます。

王林の特徴④ 生産量が多い

りんごの品種の中で、3番目に多く生産されています。全体では「ふじ」「つがる」に次ぎ3番目、黄色種の中では、1番多いです。

生産量が多いということは、私たち消費者も食べれる機会が多いということですね。

王林の特徴⑤ 食べれる期間が長い

「王林」が市場に出回るのは11月頃ですが、貯蔵技術のおかけで、翌年4月頃まで食べることができます。

ヴィーガンである私にとっては、旬が短い果物の中で、食べれる期間が長いことは、大変助かります。

まとめ

「王林」はとにかく「甘い」りんごです

表面がざらざらしており、食感もしゃりしゃりしており個性的なりんごです

生産量も多く、食べれる期間も長い

今回、私が普段食べている「王林」を紹介しました。みずみずしさがあまりなく、好みは分かれると思いますが、まだ食べたことがない人は、この「甘さ」を体験してみてはいかがでしょうか。