ヴィーガン・フルータリアン

「砂糖断ち」のため甘いお菓子をやめる方法

砂糖断ち」という言葉を知っているでしょうか。今、体に悪いとされる「白砂糖」を摂らない人が増えています。

でも、チャレンジした人は分かると思いますが、「砂糖断ち」することは結構、難しいですよね。

私もお菓子をやめることが、なかなか出来ませんでした。しかし、今回紹介する方法で、完全に、お菓子をやめることが出来ました。

その方法は、お菓子を食べるかわりに「冷凍マンゴー」を食べる方法です。

「砂糖」は体に悪いのか

そもそも「砂糖」は体に悪いのでしょうか。「白砂糖」は、もともと、サトウキビが原料ですが、精製されることによって、栄養分がなくなり、そのほとんどが「糖質」のみとなっています。

今の時代、既に、お米やパンで「糖質」を摂っている現代人には、「白砂糖」は過剰摂取になります。

当然、血糖値も上がり、体に負担をかけてしまいます。

ただ「砂糖」といっても「黒糖」は、原料が同じサトウキビを使いますが、製法が違うため、「ミネラル」や「ビタミン」が含まれる点が「白砂糖」と異なります。

白砂糖には中毒性がある

砂糖には中毒性があるといわれています。砂糖を摂取すると、脳内にドーパミンが分泌され、快楽を感じます。

そのため、繰り返し摂取したくなるという性質があります。

なので、コカインなどの麻薬と一緒で、やめることがなかなか困難であると言えます。

砂糖なしの商品を探すのは困難

スーパーやコンビニで売られているほとんどの商品に「砂糖」が含まれています。砂糖の入っていない商品を見つけることは容易ではありません。

また、外食においても、多くの料理に砂糖が含まれており、現代日本で「砂糖断ち」を実践するには、強い意志がないと、続けることが困難だと考えられます。

そのため、「砂糖断ち」を行うには、どうしても自炊で、砂糖なしの料理を作る必要がでてきます。

食後のお菓子がやめられない

自炊で、砂糖抜きにすることは意外と簡単にできます。砂糖の代わりに、もともと甘い野菜や「みりん」を使用することができます。

しかし、食後のデザートやおやつを砂糖なしにすることは、難しいかもしれません。メープルシロップ等を使って作ることも出来ますが、時間とお金がかかります。

また、果物もデザートとして適していますが、お金がかかるのと、旬の時期が限られているいるため、続けることが難しいです。

私も食事はヴィーガン(完全菜食主義)に変えることができましたが、お菓子だけやめることが出来ませんでした。

詳しくは 「私がヴィーガン(完全菜食主義)になった理由」

「砂糖断ち」に救世主 現る

食事はヴィーガンに変えたものの、お菓子がやめれない日々の中、全国チェーン「業務スーパー」で「冷凍マンゴー」を見つけました。

コンビニでも、同じく「冷凍マンゴー」をはじめ、冷凍した果物が売っています。私もよく利用しますが、価格と量を考えると、普段のお菓子の代替え品にはなりませんでした。

しかし

業務スーパーの「冷凍マンゴー」500グラム 298円(税抜)

このコスパは衝撃的でした。これなら、値段や時期を気にせず、食べる事が出来ます。

お菓子の代わりに「冷凍マンゴー」を食べる

私は、どうしても、饅頭がやめられなく、時にはケーキも食べていました。

その饅頭やケーキの代わりに「冷凍マンゴー」を解凍せず、そのまま凍ったまま食べました。

凍ったままの方が、食感もあり、シャーベットを食べている感覚でした。

もともと、果物しか食べない「フルータリアン」の時期もあったため、「冷凍マンゴー」にヨーグルトや蜂蜜などはかけず、マンゴー単独で食べました。マンゴー単独で食べても、充分、甘みがありますからね。

詳しくは 「果物は人間の主食なのか?~フルータリアンまでの道のり」

食べる量は、1日1袋(500グラム)食べていました。お菓子を食べたとしても、1日300円位はすると思うので、冷凍マンゴーに変えても、食費の負担は変わりませんでした。

完全「砂糖断ち」に成功

果物なので、体にとっても良く、量を制限することなく、好きなだけ食べていました。そのため、ストレスになることなく続けることが出来ました。

お菓子の代わりに「冷凍マンゴー」を食べ、6ヵ月が過ぎました。

6ヵ月続けた結果、今ではお菓子を食べたいという気持ちが全くなくなりました

スーパーやコンビニで、スイーツコーナーを見ても、「食べたい」という欲求が湧きません。完全に「砂糖断ち」することに成功しました。

完全「砂糖断ち」しての変化

もともと、ヴィーガンで食事には気をつけていたため、身長170センチに対し64キロと標準的な体型でした。

「砂糖断ち」して、6か月、体重が57キロになり、約7キロ減りました。

自分のベスト体重、57キロになり、体も軽く感じられるようになりました。

最後に

今回、自分の体験から、お菓子の代わりに「業務スーパーの冷凍マンゴー」を使って「砂糖断ち」に成功したことをまとめてみました。

もちろん、業務スーパー以外の商品でも、またマンゴー以外の商品でも構いません。「砂糖断ち」の一つの方法として参考になればと思い書きました。

今の時代、完全に「砂糖断ち」をすることは困難なことだと思います。決して無理せず、自分に合った方法を見つけながら、少しずつ実践していくことが大切だと思います。