ヴィーガン・フルータリアン

ヴィーガンは普段 何を食べているの?

ヴィーガン(完全菜食主義)である私は普段、何を食べていると思いますか?

ハリウッドセレブが食べているような、アサイーチアシードと呼ばれるスーパーフードが中心の食事や、東京のおしゃれカフェにでてくる、ワンプレートに玄米やオーガニックな野菜がのった食事を想像しているかも知れません。

確かに、そういう人もいるでしょう。しかし、私の場合は、地元で採れた果物を生のまま、野菜は、細かく切って炒めるだけ、味付けはオリーブオイルと塩だけという、超シンプル料理です。

かぼちゃに至っては、フライパンで煮ただけで味付けはせず、かぼちゃそのものの甘さを味わっています。通常ヴィーガンの人が食べる玄米などの穀物類は食べません。なので、位置付けとしては「ヴィーガン」と「フルータリアン」の中間位なのかと思います。

[ 2019年6月以降、肉体労働の職場に変わり、果物・野菜だけでは体重が維持できなくなり、玄米食を加えています。 ]

「フルータリアンから玄米食(ヴィーガン)に変えた理由」

「フルータリアンから玄米食(ヴィーガン)に変えて良かったこと」

1日の食事内容

それでは、1日の食事内容はどのようになっているのでしょう。基本的には、毎日こんな感じの繰り返しになっています。

朝食 お水1杯のみ
昼食 りんご1個、野菜の炒め物、納豆2パック
夕食 りんご1個、野菜の炒め物、納豆2パック
夜食 りんご1個、みかん2~3個、ナッツ適量
(お腹が空いた時のみ) (かぼちゃ、サツマイモの煮物を追加)

1日の基本の量(あくまで目安)

お腹が空いた時は かぼちゃの煮物などを追加します

特にダイエット目的ではないので、決まり事はなく、お腹がすいた時は、みかんを1個増やすなどして、調整しています。

以前は甘いものが止められず、この内容に加えて、お菓子を食べていたのですが、現在は砂糖を絶つことができ、この量で満足できています。

写真をみると、量的には普通の人と変わらないのではないでしょうか。むしろ、多いかもしれませんね。もちろん、季節によって、食べれなくなる食材もありますので、その時は、バナナや冷凍マンゴーなどを代用します。

味の決め手はオリーブオイルと天然塩

野菜炒めの味付けは、たまに胡椒を使う時もありますが、基本はオリーブオイルと天然塩のみです。物足りないと思う人もいるかと思いますが、慣れると本当に美味しく感じることが出来ます。

シンプルな味付けなので、野菜やきのこ本来の風味を味わうことができ、むしろ、砂糖など調味料を入れすぎると、その本来の素材の風味を感じることが出来なくなってしまいます。

その分、オリーブオイルと塩にこだわるようにしています。こちらが、普段、私の使用しているオリーブオイルと塩です。

オリーブオイルは「GOYA有機エキストラバージンオリーブオイル」を使用しています。

「OLIVE JAPAN 2018 国際エキストラバージンオリーブオイルコンテスト」で金賞を受賞しており、100%スペイン・アンダルシア産の選ばれた有機オリーブから造られています。味は絶妙なバランスの苦味と辛みのあるエレガントな風味に仕上がっています。

塩は「皇帝塩」を使用しています。

中国の塩田で天日干しし、一年間熟成した為、ミネラルの含んだ、まろやかで、風味のある天然塩です。単独で塩のみ、なめてみると、普通の塩との違いが分かると思います。

納豆も塩のみの味付けにしています。この自然の恵みを生かしたオリーブオイルと塩を加えるだけで、野菜本来の風味を失うことなく、美味しく頂くことが出来ます。

普通の品物に比べて、若干、値が張りますが、自分の体のことを考えると、必要な費用だと考えます。

   

野菜、果物は地元産

野菜や果物はなるべく、地元のものを食べるようにしています。都会のことは分かりませんが、私の近所のスーパーの青果コーナーには、大抵、産直コーナーが併設されており、地元農家さんが生産した新鮮な野菜、果物を買うことができます。

また、幸運なことに、家の近くに5日おきに開催される朝市があります。多少、傷ついたり、形が曲がっていたりしますが、味そのものは変わりませんし、何より新鮮です。住まいが岩手なので、冬場は、売る商品が無くなってしまうことが残念です。

こちらは朝市のりんご屋さんの写真です。もう一つ幸運なことに、家の近くが、りんごの産地だということです。

8月から翌年4月まで、美味しく新鮮で、しかも安く食べる事ができます。大抵の果物の旬は短いですが、りんごは長い期間食べる事ができます。

なので、私はこのりんごのおかげで、ヴィーガンを続けていられると思っています。りんごに感謝ですね。

もちろん、スーパーの野菜や果物も利用しますが、この地元産の野菜、果物の存在は欠かせないものとなっています。

「地元野菜・果物×有機オリーブオイル・天然塩」=「最高の贅沢品」

このように、地元産野菜・果物と有機オリーブオイル・天然塩の組み合わせは、私にとって、最高の贅沢品で、最高のごちそうです。

人から「同じものばかり食べて飽きないの?」と言われます。正直、飽きる時もありますが、やはり、また食べたくなります。だからこそ、ヴィーガンが続いているのだと思います。自然の恵みを頂くということは、感謝すべきことで、また幸せなことでもありますよね。

最後に

今回の紹介で、ヴィーガンみんながこのような食事をしているとは思わないでください。多くの食材を食べやすいように工夫して食事を作っているヴィーガンの方も多くいると思います。

その一方で、料理が苦手ということもありますが、今回のように、シンプルに素材の味を楽しむ人もいるということをお伝えしたかっただけです。

こんな食事内容でも、健康状態は良好ですので、人それぞれ、自分の体にあった食事を見つけていくことが大切なのかも知れませんね。

健康診断結果はこちら 「ヴィーガンの健康診断結果2018年12月版」

食事内容は生活の変化とともに変わります。

今回の内容は2018年12月当時の内容ですが、2019年7月の食事内容は

「ヴィーガンである私の普段の食事内容~2019年7月版~」